ご挨拶

名誉理事長 北野 高繁

名誉理事長  北野高繁

社会福祉法人フィロスは、地域の皆さまのご支援を賜り、平成23年7月に創立、保育所事業、高齢者福祉事業を行っております。

法人としての初めての保育所事業は、平成24年4月に名古屋市守山区吉根にて開園いたしました「もりの風保育園」です。

実は、当園を整備いたしました「森」は私が先祖代々より引き継いで参りましたもので、私自身、地元の待機児童解消、並びに子どもたちの豊かな育ちの場づくりに貢献させていただけ、ささやかではございますが、地元に恩返しができましたこと、感慨の念でいっぱいでございます。

私は、平成26年度より理事長職を後進に譲り、名誉理事長を務めさせていただいておりますが、今後も、保育所事業、高齢者福祉事業を通して、地域の皆さまに喜んでいただけるよう努力して参る所存です。今後とも変わらぬご支援を宜しくお願い申し上げます。

理事長 本多 功

理事長 本多 功

平成24年4月に守山区吉根にて「もりの風保育園」を開園させていただきました後、複数の地区におきまして、地元の皆さま方の温かいご支援を賜り、保育所の開園、並びに高齢者福祉施設の開設ができましたこと、心より御礼申し上げます。

私たちは、保育園の運営に当たりましては、子どもたちの最善の利益を優先し、子どもたちにとって安心、安全で豊かな育ちの場を提供すると共に、養護と教育が一体となった保育を目指します。
また、職員一同、最も大切にしている目標は、「自己肯定感」のある子どもたちを育てることです。

保護者も保育士も、子どもたちに溢れんばかりの愛情を注ぎ、受容し、認め、ほめ、子どもたち自身が「自分は大切に思われている存在なんだ」と自覚できることで「自己肯定感」が芽生えます。そして「自己肯定感」は、子どもたちにとって将来に渡り「生きる力の原動力」になります。

いずれ子どもたちは保育園を卒園し、小学校へと巣立って参ります。保育園の運営に当たりましては、ご家庭並びに地域の皆さまからもご理解とご支援を賜り、地域で子どもたちを見守り育てる機運を高められればと思います。

また、高齢者福祉施設の運営にあたりましては、何よりもまず地域の皆さまから理解され愛される施設づくりに心がけ、地域に広く開かれた施設を目指します。
入居者さま、並びに利用者さまに、「安心、安全、快適で、穏やかに過ごしていただける場」を提供すべく職員一同研鑽して参ります。

社会福祉法人として、今後も地域の児童福祉並びに高齢者福祉全般に寄与すべく職員一同努力して参る所存です。今後とも変わらぬご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

理事 亀山 理

理事 亀山 理

名古屋市では、近年保育所の待機児童問題が大きくクローズアップされ、行政も非常に積極的に待機児童解消に向けてさまざまな施策を行って参りました。
そのような時代背景のなか、私どもが守山区にて「もりの風保育園」を始めとして、各所で保育園、並びに高齢者福祉施設を開設させていただくことができましたのは、ひとえに関係各位のご支援の賜物です。
誠にありがとうございます。

私たちは、保育園の運営に当たり、職員が一丸となり、安心・安全な保育を実施するとともに、お子さま一人ひとりに目を向け、個々の能力・個性を引き出して参ります。

子どもたちは、保育園の集団生活の中でさまざまな学びをし、友だちとの遊びや関わりを通して大きく成長します。特に、幼少期に身体を使って思いっきり遊ぶ体験は、健やかな心身を育むうえでとても大切です。子どもたちの「正常化」を促します。
しつけも大切です。当園では、基本的生活習慣の確立とともに、社会生活を送るうえで必要な素養を育みます。
そして、楽しく学びます。2歳児さんからは、日本語・英語(外国人講師)・数・自然環境などを楽しく学ぶ環境をつくります。リトミックや音楽活動、造形活動にも取り組みます。

 私たちは、「子ども第一主義」を貫き、子どもたちが何よりも保育園に行くのが楽しいと思え、卒園後もたまには保育園に遊びに行きたいなと思えるような園づくりを目指します。

 『「見守る」、「ほめる」、「対話する」ことを基本に、「愛情」をかけ、「しつけ」をし、「すこやかな身体」、「心と言葉」、「自立と協調」性を育み、「自己解決」できる子どもたちを育てる』という当園の保育目標の達成、そして園児、保護者、地域の皆さまに愛される園づくりに向かって、職員一同、全身全霊で邁進して参る所存です。

今後とも変わらぬご理解、ご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。